記事一覧

ハムスターの肥満・ダイエット法

ハムスターは太りやすく、痩せにくい体質をしています。

ハムスターの肥満は病気の原因や、寿命に大きく影響してくるので

しっかりと管理してあげて、健康的な生活を目指しましょう。

平均体重


 ゴールデン・キンクマ

  オス 約85〜130g
  メス 約95〜150g

 ジャンガリアン・パールホワイトなど

  オス 約35〜45g
  メス 約30〜40g

 ロボロフスキー

  オス・メス共に 約15〜30g

ハムスターにも人間同様 体格差があるので、大柄なハムスター、小柄なハムスターがいます。

大柄なハムスターに限っては、平均体重を少しオーバーしていても肥満に当たらないケースもあります。

体重以外の肥満の見極め


・お腹が出っ張っていて、歩くときにお腹がすれている。

・歩く際にお腹がすれるので、腹部の毛が少ない

・手足の付け根がムチムチしている

・毛のツヤがよく、毛並みが悪い(脂肪分の高い食事が多いと毛のツヤがよくなる)

・上から見た時にまん丸している(通常は長丸い卵型のような感じ)

ハムスターのダイエット


平均体重をオーバーしている、またはチェックしたら太っていた場合

適切な方法で改善してダイエットさせてあげましょう。


エサを正しい量・正しいカロリーに改善しよう

太っていた場合に即実行したいのがエサの改善。

即実行できて、簡単な方法です。しかし、ただ減らせばいいというわけではありません。

何が太りやすく、何に栄養があるか知っておく必要があります。

まず最初に言えるのが、タネ類は高カロリーであるという事です。

ハムスターのエサといえばひまわりのたねですが、ひまわりの種は高カロリーです。

知識のない方がひまわりの種と水しか与えていないなんて事もよく耳にします。

栄養バランスも崩れる上にぶくぶくと太ってしまうのでいいことありません。

ひまわりの種はおやつに、1日数粒程度で十分です。

注意すべきなのは、一気に量を減らしてハムスターにストレスを与えないようにする事です。

ストレスを感じてしまう上に、食事も少なく元気がでずに

体を壊してしまうような事にはならないようにしましょう。

ダイエット用のペレットなども販売されていますので、検討してみるのも方法の一つです。

もしかしてストレス太り?


ハムスターも人間同様、ストレス太りをする事があります。

ストレスのたまらない環境で飼育できているかしっかりと見直しましょう。


・ケージの広さは十分か

・運動不足になっていないか

・こまめに掃除して清潔な環境で飼育できているか



改善できるところがあれば、すみやかに改善してあげましょう。

回し車は必ず必要なグッズです。

配置していないのであれば、それが原因といっても過言ではありません。

すぐに買い与えて、運動不足を改善しましょう。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シヨ

Author:シヨ
訪問ありがとうございます。
私が飼育しているハリネズミのハッチの魅力を更新していきます!暇つぶし程度の気持ちで見ていただけると嬉しいです。

最新コメント

月別アーカイブ

お問い合わせフォーム

お問い合わせは itemkurt3@yahoo.co.jp までよろしくお願い致します。

スポンサーリンク